【各期リポートの輪】Vol.3…高校50期・安藤正さん

▽OBの皆様の近況をお伝えする「各期リポートの輪」Vol.3をお届け致します。第3回は高校50期・安藤正さんです。安藤さんは昨年の第98回関東明陵同窓会の当番幹事長を務められました。

◎第3回-高校50期・安藤正◎

皆様
はじめまして。高校50期の安藤正と申します。
昨年第98回関東明陵同窓会にて当番幹事長を務めさせて頂きました。
皆様には多大なご協力を頂きまして、誠にありがとうございました。

私達、野球部50期生は総数14名、マネージャー合わせて16名で活動して参りました。私達の代は、小倉高校に古くからあります野球部特権の“スペシャル推薦枠”を存分に駆使し、市内の中学校は勿論、他県の中学校で活躍している人材も寄せ集めた精鋭が集まり、多くの先輩から甲子園出場に向けて沢山の期待を頂いた代であったと記憶しております。私達の中には、高校入学当初から既にレギュラーとして活躍する者もいれば、私の様になかなか試合に出られない者もいるなど、競争の絶えない厳しい環境ではありましたが、互いを尊重し合い、時間がある時はいつも部室で皆が馬鹿話をしているという、笑いの絶えないチームでした。そうして時を経るなかで、互いにライバル同士であった関係が、いつしか“同じ釜の飯を食った同士”という大きな絆に変わり、自然と「こいつらとずっと野球がしたい」という思いが強くなっていきました。ですので、最後の夏の予選県大会(ベスト16)で柳川高校に負けた時は、甲子園の夢が断たれた悔しさもありましたが、このメンバーで過ごす高校野球人生が終わってしまった悲しみが大きく、泣きじゃくった事を、今でも強く覚えています。

あれから16年が経ち、皆がそれぞれの道を歩み、家族を持つ人間も増え自由な時間も少なくなりましたが、それでも小倉に帰省した際は多くのメンバーが集まります。集まった時の会話は殆どが過去の思い出話ばかりで、いつも同じ話でよく飽きないなと我ながら思います。でも彼らと過ごすこの時間が、雑多な現在から離れ、過去を懐かしみ、自分が本来どういう人間であったかを思い出す時間であり、私達に取ってはかけがえの無い心の拠り所なのだと感じます。

~現在、現役で活躍する野球部諸君へ~
過去を振り返ると、高校生時代にやり残した事が沢山ありますが、先輩として一つだけ伝えたい事があるとすれば、是非、今の野球部メンバー、同期・先輩・後輩と過ごす時間を大切にして欲しい、という事です。上述した“同じ釜の飯を食う”という体験は、高校卒業以降はなかなかできるものではありません。高校時代に築いた絆が、今後の自分の人生を豊かにする大きな財産になると私は信じています。是非、“同じ釜の飯を食う同士”とともに精一杯、今を生き抜いて下さい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

文字の大きさを変更

小倉高校野球部OB会
「愛宕クラブ」事務局

大分県中津市中殿町3丁目15番2号 ㈱エムゼック内
TEL:0979-24-8811
FAX:0979-24-2340

モバイルサイト

愛宕クラブ モバイルサイト携帯電話でQRコードを読み取ってください。
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031