【各期リポートの輪】Vol.2…高校42期・岡崎義一さん

▽OBの皆様の近況をお伝えする「各期リポートの輪」Vol.2をお届け致します。第2回は高校42期・岡崎義一さんです。岡崎さんは小倉高校野球部100年史『倉高野球100年の軌跡』の表紙デザインを手がけました。

◎第2回高校42期・岡崎義一◎

こんにちは、高校42期の岡﨑義一です。我々42期は江河大輔、佐藤憲一、末次健児、中山肇、廣門直樹、宮崎崇、山崎浩が九州、石丸和成、塩崎健が関西、木村健一郎、長島史晃が中部、宇高祐介、岡﨑、北川哲也、瀬藤徹、松本浩之が関東、實松力、畠中裕史が海外、池田尚史は実家が小倉など、それぞれ多分元気にやっています。新企画初回の安部先輩方から約十年後の世代で、学校創立80周年の節目に現役を担ったのでした。だけれども、倉校野球ファンの”甲子園出場”と云う期待とは裏腹に、野球部で部活動をする動機としては全部員がそれ一色ではなかったようです。当然と云えば当然ですね、公立高校の部活動ですからね。野球の指導や部の運営には文句が多かったですね。でも当時は部員として主将として色々と思ったものでした。野球なめてんのか!って。別になめてる訳ではないんでしょうけど(笑)。それぞれ頑張ってたと思います。一つ下の後輩にも厳しかったです。今でも怖いと思われているようですが、それだけでもないようです。人が震えてるのを見て、自分が怖くなったことを今でも覚えていますね。

小学生から始めた野球を面白いと思うようになったのはボーイズリーグ6年生の時にある試合で負けた頃から。全国制覇したチームがあって、ものすごい球投げるピッチャーがいて、それを打つために死に物狂いで自主トレしたり、チームの奴らと集まって練習したり、それで、打てたんだよねそのピッチャーから、レフト線に完璧に。でもね、三塁でタッチアウト。泣いたね、その場で。で負けた。それから中学時代に山下新一監督(高18期)に指導を受けることができて夢中になれたんです。自分が少しずつうまくなることを経験させてもらえたんですね、目線を同じにしてくれてたっていうか。下手クソでしたからね。考えてやることも教え込まれましたね、変な子供扱いは無いんです。それで中3の時、小学生で負けたあのチームに勝つんだよね、めちゃくちゃうれしかったですね。で、全国大会に連れて行ってもらいました。すぐ負けちゃいましたけど。力の違いを痛感しましたね。(春大阪での大会だったんで甲子園観戦に連れて行ってもらいました、デカかったですね。)でも残念なことに倉校の野球部ではそんな経験はできなかったですね。喧嘩はしたけど最後の試合で負けても涙は出ませんでした。負けたのは柳川高校なんです。やはりと云うか、ここには小学生からの因縁のあのチームのプレーヤーが多くいて、中学の時に一緒にプレーしたキャプテンもいたんですね。柳川も途中で負けちゃうんだけど、しばらくして、こいつが家にふらっと遊びに来たことがあったんです、家に帰ったらそいつが座ってって、少し話して帰っちゃいましたけど。そんなことそれまでなかったんでうれしかったですね。ちょっと話はそれますが、中学校入学時に新任教師で福嶋先生がいらっしゃいまして、2年生の時の担任でした。福嶋先生は安部さんの代の応援団長だった方です。当時の思い出話や、体育祭で応援の仕方を教えてくれたりしました。思い出話は誇らしそうで、エールはちょっともったいなさそうに披露してくれました、大切にしてるんだなって。高校夏を終えて野球はやめました。肩を壊してましたし(このことでは毎日母親に世話をしてもらいました、ありがとうございます)。でも大学の野球部は見学しましたよ、どんな処だろうって。大学でも野球をやっていた多くの先輩が練習を見に来てくれましたしね、高36期の松川さんや高37期の竹之内さん、井生さん、高38期の遠入さん、愛甲さん、五木さん、他にももっといらっしゃったと思いますが。見学では全国のいろんな高校のプレーヤーとも話ができましたね。その時遠入さんがその野球部にいて、肉食いに連れて行ってもらいましたね。

グラフィックデザインへ来ました。何故かって?、色弱だからかな。はじめからダメだ無理だということやってみたかったんです。嘘です、カッコよさそうだったからです。いやいや、野球やスポーツ、倉校的な環境や価値観から離れてたくなったんです。受験はしましたが、結局学校へは行きませんでした。”きれい”なんて思うのが恥ずかしくなってるところからの出発。23歳の時に独立しました。やれてるかどうか?わかりません。ただ国際的に重要とされる賞を幾つかもらい、幾つかのミュージアムで作品がパーマネントコレクションになり、ワークショップの国際講師を経験したり、倉高野球100年の奇跡じゃなくて軌跡の表紙をデザインしました。ワルシャワで金賞をもらった時には頭の中が真っ白になりましたね。倉高や野球部OBの方とも仕事をしますよ。
『倉高野球100年の軌跡』の表紙の意味ですか?そんなこと聞きたい人いるんですか?そう、いらっしゃる、なるほど。秘すれば花って云いますけどね?。あれを見て「これはミットの中のボールでしょう」や「バットで打ってるボールでしょう」や「ボールが汚れてるのがいいね」などと言われる方がありますが、どれも正解です。だってあれは「ボールを見つめる瞳に映るボール」だからです。ある学問では「違いを生む違い」って云ったりするんですって。どうしてそんな方法をとったかって?。多分、「精神」みたいなものを表したかったからですかね。伝統は精神から生まれるなんて云うじゃありませんか。でも、一般的に云われるスポ根精神論じゃありませんけど。「野球」の思い描き方や感じ方は人それぞれでしょ?。見る人の心は攫みたいけれど縛りたくない。それから、それぞれの野球がいつまでも、野球そのものがいつまでも、と云う思いを表現したかったからです、イズムでは無く。何?余計わからなくなった?だからやめとけばいいって言ったのに、だいたい説明してるこっちだって怪しいんだから。こう云うのってつくった後で考えるんですよ、一体なんなのだろう?ってね。

現役の部員へ何か一言?大いに野球で「勝った」「負けた」を嘗め尽くして欲しいですね。”fair is foul, and foul is fair” では野球の試合になりませんか?。。。
関東拠点の方々とはたまに会ってます。関東明陵にも時々顔を出してます。

―故山根公雄氏(高11期)へ捧ぐ―

バトンタッチは、昨年の関東明陵同窓会当番幹事代表を務められた安藤正さん(高校50期)にお願いしたいと思います。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

まき :

実松君の昔のお友達です。
海外でお仕事されるとはききましたが、お元気とのこと安心しました。

よく高校時代の野球のお話をされていました。
いい思い出を形にできてよかったですね。

青春は永遠です。
                    まき

コメントする

文字の大きさを変更

小倉高校野球部OB会
「愛宕クラブ」事務局

大分県中津市中殿町3丁目15番2号 ㈱エムゼック内
TEL:0979-24-8811
FAX:0979-24-2340

モバイルサイト

愛宕クラブ モバイルサイト携帯電話でQRコードを読み取ってください。
2017年6月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930