球音永遠にの記事

▽福嶋一雄先輩の西日本新聞連載・聞き書きシリーズ「球音永遠に」の発行は1月11日に決まりました。店頭に並ぶのは15日頃になりますが、下記添付用紙でもご注文できます。
「球音永遠に」注文用紙
●総会・新年会で先行発売

「球音永遠に」は、1月3日(日)11時からの総会・新年会で80冊用意し、先行発売をいたします。また、著者の西日本新聞社北九州本社・諸隈光俊編集長(小倉高校31期)にご出席いただき取材エピソードなどを伺うことになっています。
愛宕クラブ総会・新年会は下記の通りステーションホテル小倉にて開催します。出欠連絡を行っていない方は、送付済みの葉書にて返信、あるいは愛宕クラブ公式サイトお問合わせフォームにて卒業期を明記の上、連絡願います。

日時:平成28年1月3日(日)(総会)11:00~12:00(新年会):12:00~14:00
場所:ステーションホテル小倉
    北九州市小倉北区浅野1丁目1番1号 TEL 093-541-7111(代表)
会費:5,000円  (学生は1,000円)

※お問い合わせ先:幹事長 瀧 満 090-3737-8121 (F)0979-24-2340
・・・・・・・・・・・・・・・
球音チラシ完成版120702-(1)

小倉高校愛宕クラブの皆様へ

ご健勝でお過ごしのことと存じます。
さて、このたび7月上旬から、西日本新聞朝刊で福嶋一雄先輩の連載「聞き書きシリーズ」が始まります。タイトルは「球音 永遠に」で、終戦後間もない夏の甲子園で2連覇を達成、九州に初めて深紅の優勝旗をもたらした小倉高野球部エース時代を中心に八十回前後の長期連載となる予定です。
福嶋先輩は我が校にとって、そして高校野球の歴史の中でも伝説の球児であることは皆様ご承知のとおりです。
今年は高校野球の前身である旧制中学の全国大会がスタートして100年の節目です。福嶋先輩が語る、戦後の焼け野原から始まった激動の野球人生、白球に懸けた熱いドラマを、よろしければ皆様にも目を通していただければと思い、お知らせすることになりました。

平成二十七年六月吉日
小倉高校愛宕クラブ 会 長 吉村俊治
幹事長 瀧  満
■差し替え■小倉高校愛宕クラブの皆様へ-(1)
kikikaki_201505

文字の大きさを変更

小倉高校野球部OB会
「愛宕クラブ」事務局

大分県中津市中殿町3丁目15番2号 ㈱エムゼック内
TEL:0979-24-8811
FAX:0979-24-2340

モバイルサイト

愛宕クラブ モバイルサイト携帯電話でQRコードを読み取ってください。
2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031