★大成功!『池端克章、2000人ライブへの挑戦!」

▽2012年1月6日(日)16時30分~

幹事会リポートでもお伝えしていた“北九州から紅白を目指す男”池端克章さん(高校58期)の単独ライブ「池端克章、2000人ライブへの挑戦!」が北九州ソレイユホール(旧九州厚生年金会館)で行われました。
来場は1680人。数多くの感動的場面が見られる素晴らしい初コンサートでした。中でも父・博氏(野球部OB/高校27期)‐おやじを綴った名曲♪「大きな背中」は会場の涙を誘いました。

池端さんは1月13日(日)、crossfm「北九スピリット」で『池端克章、2000人ライブへの挑戦!」を報告、ステージでの想い、感謝の気持ちを交え、ライブ開催までの苦難の道のりを語ります。番組は19時30分スタート、出演は21時頃の予定です。

♪大きな背中
作詞/作曲 池端克章

1人っ子に生まれ 親の期待を受け 大事に大事に育てられた
塾にもまじめに行き 生徒会にも入り 野球部のキャプテンで 自慢の息子でした
ひたすら勉強して 親と同じ新学校に入り 勉強と野球に明け暮れる毎日
反抗期もなく 国立大学へ進み 親の敷いたレールの上をまじめに歩きました
大学では毎日のように遊んだ 目標のないまま時が過ぎた
なんだか物足りない そんな時 音楽と出会った
見つけた 見つけた ワクワクが止まらない これはいったい何だろう
その時 分かった これが俺の夢なんだ プロのミュージシャン
可能性なんて関係なかった プロになった自分を想像していた

でも親には何も言えず 就活を始めた 面接官にひたすら ウソをならべた
胸が苦しくなり 俺は決意をした 両親のところに行き 夢ができたと打ち明けた
するとおやじはすぐ 俺を怒鳴り散らし 人生で初めての大喧嘩が始まった
母さんは泣きながら 俺を説得した でも俺の気持ちは全く変わらない
「お前はもう息子じゃない」「二度と帰って来るな、出て行け」
涙をこらえながら 俺は家を出た
苦しい 悔しい 何度も夢を諦めようとした
それでも無理だった この夢だけは諦められない
いつか必ず認められると信じて ただがむしゃらに歌い続けた

おやじは毎日タメ息 家の雰囲気は最悪
母さんはいつも眠れず めちゃめちゃ痩せたと聞きました
でも俺は決めていた 成功するまで帰らないと 心を鬼にして プロを目指し歌い続けた
そして1年が過ぎ 大学を卒業して かけがえのないファンたちも少しずつ増えてきた
音楽が仕事になり それで飯が食えるようになり 俺は覚悟を決めおやじに会いに行った
俺はこの1年の頑張りを 無我夢中でおやじに伝えた
するとあなたは一言 「がんばれ、応援するから」
俺は知ってる 俺が中学の時あなたの会社が倒産したことを
それでも 俺を育てるため 何度も頭を下げて今の職についたことも
足が悪く 杖をつきながらも 息子のために頑張っているあなたを
あなたの背中を見ながら 俺はここまで成長してきました
たくさんの人に歌を届けながら 少しずつ少しずつ成長してきました
いつかもっとビックになってやる 自慢の息子にまた戻れるように
あなたのような 大きな背中で 優しい人になれるように…

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

こんにちは。高校31期の西村です。
先程、克章君自身がライブ成功の報告に塾を訪ねてきてくれました。
「大きな背中」はお父様に歌い聞かせたくて、ライブ当日まで一般には全く出さずにいた歌だと語ってくれました。その歌の初お披露目の場に私も立ち会うことが出来て感激しました。一緒に並んで聞いていた我が長男も克章君の歌声とその歌詞に感動して身震いしていました。
私は昨年5月の明陵同窓会総会で克章君とお父様との2ショットを撮影する機会がありました。その時のお父様の穏やかな表情が印象に残っています。
これからも池端克章くんを応援し、その成長に親子の絆を見いだしていきたいと思っています。

コメントする

文字の大きさを変更

小倉高校野球部OB会
「愛宕クラブ」事務局

大分県中津市中殿町3丁目15番2号 ㈱エムゼック内
TEL:0979-24-8811
FAX:0979-24-2340

モバイルサイト

愛宕クラブ モバイルサイト携帯電話でQRコードを読み取ってください。
2017年6月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930